わきがの手術について

わきがは本人にとって日々の悩みやストレスとなる一方、簡単な解決方法が無いために、しばしば厄介な問題となりがちです。特に現代日本の社会生活を送るにあたり、体臭を気にしないで済ませることは恐らく誰にも出来ないでしょう。ここでは、そういった悩みを根本的に解決する手段、わきがの手術治療について考えてみようと思います。

ワキガ 仙台

現代の日本で最もポピュラーなわきが手術は剪除法(皮弁法)です。方法自体は単純で、腋の皮膚の一部に切り込みを入れ、その皮膚の裏側のアポクリン腺を目視で切除していく方法です。単純でありながら効果的な方法と言えるでしょう。

ワキガ,わきが,多汗症(腋臭症)?神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

同じ様な手術方法でも、皮膚を反転させずにカミソリ刃がついたローラー状のハサミのような器具を使用するのが皮下組織削除法です。剪除法と同様、腋の下の皮膚の一部を切り開いたのち、皮膚の下にその器具を挿入、そこにあるアポクリン腺を削除するという方式です。

一週間で治るわきが治療|神戸・大阪・京都・兵庫・姫路の関西|神戸山手クリニック

腋の下の皮膚への負担を軽く出来ますが、必要以上に組織を削除してしまわないよう細心の注意が必要となります。
アポクリン腺を切り取るのではなく、脂肪吸引の要領で吸出してしまおうというのが吸引法手術です。実際、脂肪吸引で使用するのと同じカニューレや超音波を発生させる器具を用いて、腋の下の皮膚の切開部分からアポクリン腺を吸い出します。外皮への影響、傷痕などはより小さくて済みますが、内部組織へのダメージが必要以上にかかる危険性をはらんでいます。

全く皮膚を切開しない手術法というのもあり、これが現在にわかに注目を集めています。マイクロウェーブ(電磁波)を使った治療法で、腋の下の皮膚表面にこれを照射し、電子レンジと同じく水分の反応を促して高温状態を発生させます。この高熱によって汗腺を死滅させることができ、細かな制御が可能なため、内部組織へのダメージを最小限度のとどめられる点と、表面組織への影響が少なく、大きな傷痕が残らない点で評価されている手術法です。

しかし、ここでご紹介した手術法が問題を抱えていることも否めません。そもそも患者が若年であればあるほど、術後に汗腺が再生し、わきがが再発する可能性は高い上、そもそも全ての汗腺を取り除くこと自体、非常に困難だからです。

外科手術であれば事故のリスクは当然あるものという前提を理解しつつ、再発のリスクにおいて根本的解決になりえないということも考慮した上、手術を受けるかを判断しなければならないのです。