葬儀に数珠は必要?不必要?

葬儀に参列する際、数珠は必要か否か……特に若い方ならば迷ってしまうかもしれません。

もともと数珠というのは、仏教徒における仏具のひとつで、これを持つことで、身代わりにもなるという一種のお守りのように考えられてきました。数珠の環に手を通し、仏の世界と自らの道をつなぎ、また読経の際には、その回数を数えるために使われたと言います。

ひとりごと おもうまま なんだりかんだり 皇室

それでは、お葬式に出るならば、必ず数珠を持ってゆくべきかと問われれば、そうとも言い切れません。なぜなら、数珠は同じ仏教徒であったとしても、所属する宗派によっても様式が異なります。具体的には房の数や珠の数が違うのです。今日ではそのようなことなどいちいち気に止める方も少ないでしょうが、宗派ごとに形式が異なるというのは事実です。

石巻 葬儀

また、仏教式の葬儀に、神道の方や、それ以外の宗教をお持ちの方が参列する場合もあります。そういう人たちは、おのれの宗教に『仏具』という概念はありませんから、数珠など持ってはいません。

1-3-9 東日本大震災災害義援金 | 仙台市

もし、あなたが仏教徒で、同じ仏式の葬儀に参列するならば、お持ちの数珠を持って行けばよろしいでしょう。一応、仏式では数珠を手に拝礼するのが正式な礼儀です。子どもの頃ははともかく、仏教徒の家柄で成人になれば、自分用の数珠をひとつ持っておくとよいかもしれません。日本はやはり仏教での式が多いですし、社会人になれば、葬儀などに参列する機会も多くなるからです。しかし、それ以外の家庭の方は、無理に数珠を用意する必要はありません。そもそも故人の死を悼む式典なのですから、素手で手を合わせ、心をこめて合掌すればよいのです。