結婚に必要なもの

結婚に必要なものってなんでしょう。
結婚に踏み切ろうとするとき多くの人が考えることで、サイト上でもたくさんの相談と回答が寄せられ、特集も頻繁に組まれている大命題ともいえるでしょう。ここでは、一般的に言われている事柄について考えてみようと思います。
まず、なんといっても「両性の合意」。

大阪府/特定建築物について

当たり前ですが「何よりこれが大事である」ことが、さまざまな現代社会のしがらみの中でときおり忘れられてしまいます。あなたは本当にその人と結婚したいですか?相手もそう思っていますか?しっかりと双方の意思を確かめるという意味で、とても重要な原点です。

一般財団法人 日本建築防災協会

次は「親や親戚の理解」です。駆け落ちするのでなければ、今後長い間お付き合いが続いていく方々の「認知」というものはとても心強いものです。もちろん、あくまで二人のための結婚ですから度が過ぎるのは考え物ですが、それでもあなたの大切な人となんらかの形で関わり「その人の今」を形成してくれた人々ですから、縁がある方々として感謝し、仲良くやっていこうという意識を持ったとしてもバチは当たらないでしょう。

仙台 結婚式場

そして現実的な問題としての「資金」。結婚資金がどのくらい必要かという問題は、結納はあるか、婚約指輪や結婚指輪はどういったものになるか、結婚式や披露宴はどんなものにするか、新婚旅行はどこに行くのか、新居はどうするかなどなど、ここに二人を取り巻く環境や地域性、親族をはじめとする親戚縁者の感覚などが絡み合ってくるというわけです。独身時代に300万円以上の貯金が必要と考える向きもあるように、資金はある程度必要になります。

最後は「覚悟と決意」です。ちょっと重苦しい表現になりましたが、結婚を恋愛や同棲生活の延長線上に位置づけるのはあまりオススメできません。もしそうなら、なにも結婚しなくても恋人同士として一緒に生活していけばいいだけのことです。結婚という社会制度は、一面において個人どうしをひとつの単位として結び付けています。国家は双方に一個人としての同等の権限と義務を定め、有事の際に法的な庇護を与えるなどの優遇措置を設けています。つまり人は、結婚した途端「二人で一人の人間」という側面をもつことになるのです。相手が自分となり、自分は相手となる。素敵なことであると同時にとても重大な責任が発生することは、容易に想像できるはずです。

結婚に必要なものとは「自分にとって結婚とは何か」を見つめることとも言えるでしょう。