調剤薬局とは

昔は病院で診察を受けた後、診察の会計をするのと一緒にお薬を渡され、飲み方の説明などを受けていました。そのような記憶をお持ちの方も多くいるかと思います。確かにこの場合、患者は余計な移動をする必要がなく、手間も一度で済むため効率的かと思われます。しかし、同時に病院が行う業務が多くなり、それによって待ち時間が増えてしまうなどといった面がありました。



そこで、厚生労働省は「医薬分業」を進めてきました。病院では診察や処置を行い、お薬が必要な場合には処方箋を発行します。そして調剤薬局がお薬を調合し、飲み方や注意点を患者に説明します。調剤薬局では、常駐の薬剤師が処方箋を基に調剤室でお薬を調合しており、お渡し時も薬の専門家からしっかりとした案内が受けられます。病院が薬に精通していないということではありませんが、診察や処置のプロと薬のプロで業務を分担することにより、医療そのものがより安全、よりスムーズになったのです。

三重大学大学院医学系研究科公衆衛生・産業医学分野

調剤薬局では、全国のどの病院の処方箋でも受け付けており、その処方箋に基いて調剤を行うことが可能です。つまり、患者は処方箋さえあれば、自分の都合のよい時間や場所で薬を受け取ることが可能になりました。これも一つのメリットでしょう。

全国保健所長会:公衆衛生医師

また、お薬手帳を持つことによって、患者は自分が服用している(服用していた)薬についての記録を残すことができます。服用した薬の名称や量、起きた副作用などが時系列順に記録され、医師や薬剤師がそれを参照することによって、患者はより的確な処置をしてもらうことが可能になるのです。
そのうえ、旅行先での急病や事故などが起きた際に、普段通っている病院(薬局)以外の医師(薬剤師)でも患者がどんな薬を飲んでいるのか把握することができ、患者は安心して処置を受けることができます。

このように、調剤薬局は「お薬を調合することができる薬局」のことを指します。薬剤師が常駐し、調剤室があり、処方箋に基いて患者が必要なお薬を提供する、まさに「薬のプロフェッショナル」と言えるでしょう。