法定相続人と相続分について

さて、人が亡くなった時の財産相続は誰にでも権利が有るという訳ではないのは、皆さんご存知の通りですね。もし、大資産家が亡くなって、見知らぬ人が遺産をもらいに来たと言っても門前払いもいいところでしょう。遺産を相続出来る人は法律で決まっているのです。

退職金は相続財産か、特別受益か/弁護士の法律相談

法律で決められた相続人を法定相続人といいます。法定相続人は配偶者(無条件)・子供(第一順位)・父母(第二順位)・兄弟(第三順位)となっていて、相続出来る順位が決まっているのです。配偶者だけの場合は配偶者だけが相続、子供がいれば配偶者と子供、子供がいない場合は配偶者と父母、父母もいなければ配偶者と兄弟という順番です。子供と父母や父母と兄弟等配偶者との組み合わせ以外で他の相続人が同時に相続する事は有りません。ケースによっても相続出来る割合は変わってきますのが、これを法定相続分と呼びます。


まずその者しか相続出来る人がいない場合ですが、もちろん全額を相続する事になります、それが複数人いた場合はその人数で等分することになります。ここまでは簡単なのですが、配偶者と子供だと2分の1、父母だと3分の1、兄弟だと4分の1になり、残りを配偶者が相続します。複数人いた場合は、配分された遺産を人数で配分します。

相続財産管理人について・その1(相続財産管理人の選任) | 八戸シティ法律事務所

さて、それでは孫がいた場合はどうでしょう。もちろん、子供(孫から見て父母)が生きていれば当然その子供に遺産が相続され後々孫に相続されるという事になりますが、ここではその子供もすでに亡くなっていた場合を想定します。この場合は、一旦子供に相続されたと仮定し、代襲相続という形で孫に遺産が須属されるという訳です。

これと同じように、父母がいない場合でも、亡くなった人から見て祖父母がいるのならその方に遺産が相続されることになります。また、兄弟に相続される場合その兄弟がすでに亡くなっていて子供(亡くなった方から見て甥や姪)がいた場合はその甥や姪にも相続の権利があるのです。ただし兄弟の場合だと権利が移るのはそこまでで、甥や姪の子供に権利が移る事は有りません。親の生存次第で相続出来るか出来ないかが決まるというのは、なんだか可哀想な気もしますね。