低公害車認定制度について

マイカーを所有しているという方は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。一昔前であれば、車は個人のステータスともなっていたので、自分自身の年齢や、地位などに車をあわせるという考え方が多かったと思います。

ココが廃車

世間的に地位もあり、それなりの収入があるという方は、海外の有名車種や、国産車でも一般世帯に所有されているクラスの車ではなく、1ランク上の高級車に類するものを所有する事で、自分をアピールする事が出来たのではないかと思います。

自動車税 - 埼玉県ホームページ

しかし、そんな傾向もバブル以降に極端にくずれてしまい、高級車や外車は燃費が悪いものとして、家計に易しくない車という捉えられ方をし始めました。そこで、入れ替わりに注目されてきたのが、燃費の良い車になります。これにあわせるかのように、排気ガスなどによる環境問題も注目され、結果低公害車というものが、見直されるようになりました。

災害に伴う府税の減免制度/京都府ホームページ

この車がいわゆるエコカーといわれるものですが、この車の普及促進を図るように、国からもエコカー減税などの特典とも呼べる制度が普及し始めました。そして、こういった制度が拍車をかけるように、今までのガソリン車から、ハイブリッドや電気自動車に力を入れる会社もでてきて、今では、それなりに地位や収入がある方のほうが、自分自身のステータスとしてエコカーを選択しているように感じられます。

エコカーに乗ることで、環境にやさしい選択をする。ガソリン車より初期投資はかかるものの、そこは目をつぶる事で、より環境への貢献度は上がるようにも感じることが出来ます。また、いち早くエコカーに変えることで、時代の最先端にいる感覚などもあると思います。このような変化もかなり定着してきた事で、当初ほど高額でもないエコカーなどが出始めてきたことは、今後いろいろな世帯や企業へも普及を加速させる材料になるのではないかと感じます。そろそろ検討されている方は、制度をうまく利用する事で、コスト削減を検討してみてはいかがでしょうか。