むくみとマッサージ

朝起きて鏡を見ると顔がむくんでいて気分は最悪…。化粧ノリも悪いし、やる気が上がらない…。何とか1日を乗り切って足元を見れば、パンプスがむくんだ足でパンパンになり、足首もあり得ないほど太くなっている…。これまたうんざり…。そんな経験、女性なら、あることと思います。

原因とメカニズム-メタボリックシンドローム-"基礎代謝量"|e-ヘルスネット[情報提供]

むくみの原因はずばり、体内の余分な水分。新陳代謝がきちんと行われ、不要物や老廃物を排出する血液やリンパ液が滞りなく流れている状態であれば、水分は血管やリンパ管を通じて体外へ排出されていきます。しかし、運動不足による新陳代謝の低下などにより血行が悪くなったり、筋肉の動きが悪くなったりする事で、うまく不要物を流すことができず、むくみを起こす原因になります。



また、塩分の取りすぎや、ビタミン、ミネラルなどの不足も余分な水分量を増やしたり、老廃物を排出するのに悪影響を与えてしまうんですよ。よくお酒を飲む人も注意が必要。アルコールを摂取することによって血中アルコール濃度が高くなると血管が広がり、余分な水分の処理が間に合わなくなるのでむくみが起きやすくなるんです。処理しきれずに血管やリンパ管から染み出した余分な水分は、重力にしたがって様々なところにたまります。朝起きた時に顔がむくんでいるのは、横になっている姿勢のせいで上半身に水分が流れ込みやすく、中でも顔が最も目立つんです。

武田邦彦 (中部大学): 武田流健康法 (4) 基礎代謝とカロリー

そして昼間立っている姿勢が多い人間は足元に水分が流れ込み、足元がむくんで見えるというわけですね。それを改善できるのがマッサージ。リンパマッサージのテーマの回でもご紹介しましたが、顔であれば中心から外側に向かって、足であれば下から上に向かってリンパや筋肉を意識しながら流していきましょう。ただ、むくみを根本的に改善するためには、やはりマッサージだけでは不足です。先ほど挙げた、塩分の摂り過ぎや運動不足など、生活スタイルの改善を第一に考え、むくみにくい体作りをすることが大切なんですね。

また、それぞれのむくみが午前中で収まるようであればそれほど問題ではありませんが、一日中続く場合や、ひどくむくんでいる場合には、病気が隠れている場合もあります。その際は一度医療機関を受診することをおすすめしますよ。