自動車の部品交換について

 自動車には、多くの定期交換部品がある。近年、自動車技術も進歩していったことにより、車は壊れにくくなっているが、いくら壊れにくいからとって、定期的に自動車のメンテナンスを行わなくては、必然的に自動車の質は悪くなっていく。自動車を持つ者は、定期的なメンテナンスを行い、部品の交換をするということは、最低限必要なことである。

 では、本題に入ろう。今回は、この各部品の定期的交換をしていなければ、自動車にどのような影響があるのかということについて話していきたい。

 では、まず、エンジンオイルの交換について話していこう。自動車のメンテナンスにおいて最も重要な部品交換の1つである。大抵の車のエンジンオイルは、一般的な使用で走行距離が約5000~1万キロ走ると交換時期とされている。しかし、あまり車に乗らず、走行距離が少ない場合は上記の距離にかかわらず、半年のペースで交換できる。

toyota.jp アフターサービス | 車検 | 車検トップ

では、このエンジンオイルの交換を怠るとどのようなことが起こるのか。それは、エンジンオイルの潤滑作用がうまく働くことができず、内部磨耗や破損などが起こり、さらにはエンジンが焼き付いてしまう恐れがある。これと同様な理由からオイルフィルターがある。

自動車検査・登録ガイド

このオイルフィルターは、エンジンオイルの交換の2回に1回のペースでよいとされている。続いてはファンベルト類である。こちらは、走行距離約4万キロが交換時期とされている。最低でも、ベルトにひびが出始めたら交換に行くことを進める。この交換を怠ると、自動車の自己発電機能の低下、そして、エアコンの停止、最悪の場合、オーバーヒートしてしまう可能性がある。続いてはタイミングベルトである。

仙台 自動車修理

このタイミングベルトの交換時期は、走行距離約10万キロとされている。こちらは必ずこの走行距離を守ってもらいたい。では、このタイミングベルトの交換を怠るとどうなるのかというと、エンジンの停止、または、破損を起こしてしまう。最後は、冷却水である。こちらは、車検時でよい。こちらの交換を怠ると、エンジンやラジエータ内に錆は発生してしまい、また、ポンプが破損し、その結果、水漏れでオーバーヒートしてしまう可能性がある。

 以上が、必ず定期的に部品交換を行わなくてはならない最低限のものである。面倒くさがらずに、愛車を大切にしたいと思うのであれば、定期的にメンテナンスを行うことを忘れてはならない。